言語選択:
select
Elsevier
 
無料トライアルの申込 ご契約のお問い合わせ

手技コンサルト

ログインバナー
手技を探す 詳細検索

株式会社麻生 飯塚病院

診療クオリティを担保する免許制度の構築に活用

当院は病床数1,116床、スタッフ約2,000人の中核病院です。1989年に臨床研修病院の指定を受け、2009年には米国ピッツバーグ大学メディカルセンターと研修教育契約を結び、研修医に対する指導体制の強化に取り組んでいます。特に医師として身に付けておくべき基本手技の 習得に力を入れていますが、数年前に中心静脈カテーテル挿入による医療トラブルが医療機関で散発したことを受け、中心静脈カテーテルや腰椎穿刺、動脈穿刺など、侵襲を伴う10程度の手技については、認められた者しか行えない院内独自の“免許制”にするマネジメントプランが打ち出されています。Procedures CONSULTは、本免許取得のためのスキルレベルを可視化でき、標準的な手技を身に付けるのに有効なプログラムとして昨年11月に導入しました。

自分たちの揺るぎないスタンダード確立に向けて

本免許制度そのものはローカル・ルールですが、そこで求められるのは、あくまで標準化された手技です。しかも、それはこの先何十年もの評価に耐え得るマニュアルに裏打ちされていなければなりません。一時は自分たちでビデオを回す自作映像の教材も検討しましたが、コス トやクオリティの面からも、Procedures CONSULTの導入にメリットがあったと実感しています。臨床医や研修医が日々の診療で必要とする日常手技から緊急手技までを動画とテキストで確認するので、理解力、説得力を深めるのに非常に効果的です。実際、CV研修において、Procedures CONSULTによる予習復習をアナ ウンスしたところ、研修医から「動画が分かりやすい」「シミュレーターでスムーズに手技が行えた」といった感想が多数寄せられています。

Procedures CONSULTの役割と
期待

今後は本免許取得のプロセスで、Procedures CONSULTは「必ず見るもの」として組み込まれることになるでしょう。研修医だけではなく、指導医にも利用してもらうことで、院内の臨床手技の標準化にも繋げていきたい考えです。Procedures CONSULTが卒後医学教育の標準 教材になり、共通のスキルセットを持った医学生が来てくれると、研修病院にとってこんなにありがたいことはありません。教育がやりやすいだけでなく、医療安全上のメリットも大だからです。

これからはコメディカルとのチーム医療が広がっていくことが予測されるので、看護師や薬剤師などコンテンツを共有すべき医療従事者はさらに増えていくでしょう。今後は、高齢者の関節系・神経系の身体診察手技や、子宮頸癌検診のコンテンツも時代の要請ととらえてぜひ押 さえてほしいところです。